微忘録

好奇心に記憶力がついていかない人のブログ

『第三者割当増資』など増資について調べる

ここ最近、ニュース記事などで頻繁に目にする『第三者割当増資』。成長ベンチャーから財務不振の大企業まで、幅広い企業が行っている増資手段です。

ただ増資手段の意味やメリットについて無知だったので、かるーく調べたついでに備忘録。

本題

要は『第三者割当増資』は「特定の第三者に新株を発行することで、資本金を得る増資手段」とのことで、「特定投資家との関係構築」な点が嬉しそう。

他の増資手段もあわせると以下の3種類がある。これらは「新株発行による増資」という点では同様だが、その対象や価格設定などに違いがある。

  • 公募増資(PO)
  • 株主割当増資
  • 第三者割当増資

公募増資

全投資家に対して新株の購入権利が与えられる増資手段。これは企業にとって増資のみならず株主層の拡大や、株式の流通量を増加するメリットがある。

公募増資においては、株式の公開価格を時価株価よりも少々安価にする傾向があり、これは既存株主が利益損失の被害(株式の希薄化)を受けないようにする企業側の配慮であるが、これを懸念した投資家の売りにより結局は株価が下がる傾向があるとのこと。

また株式の販売価格(払込金額)の決定方法として、投資家の需要状況を把握することにより、市場動向に即した払込金額に決定する方式(ブックビルディング方式)が一般的とのこと。

株主割当増資

既存の株主に対して新株の購入権利(新株予約権)が与えられる増資手段。公開時は時価株価と関係なく低い価格設定になるらしい。また株主の持ち株数に比例した購入権利が与えられるため、株主構成や持ち株比率に対して大きな変化が出ない増資手段というメリットがある。これは特に資金調達が簡単な増資手段とされているらしい。

第三者割当増資

既存株主とは関係のない第三者に対して新株の購入権利が与えられる増資手段。業務提携先との関係強化や資本提携を行う場合、また、企業の経営状態が悪く株価が低いため普通の増資ができない場合に、事業支援や会社再建の際に利用できるメリットがある。

親会社や取引先等といった関連する特定の第三者に対して増資が行われることになるため、新たな株式の発行価額の高低が既存の株主に影響を与えることになる。そのため既存株主の利益を保護する観点から、時価よりも特に有利な価額で新たに株式を発行する場合には、株主総会の特別決議が必要となる。

最後に

ざっくりと調べた感じでは、第三者割当増資が選ばれる場合は、

  • 経営外部の株主からの事業評価が低く、投資が期待できない場合
  • 経営内部に株主がおり、株主からの合意獲得が容易な場合(ストックオプション制)

の場合なのかなぁという、浅はかな印象を抱きました。また少しは企業動向を読めるようになれると嬉しいです。次は減資について調べたいところ。

参考元

【公募増資】【第三者割当増資】【株主割当増資】 | 日本証券業協会

公募・第三者割当・株主割当 | 日本証券業協会

公募増資│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券

増資には3つの方法があります。それぞれのメリットをまとめました。|税理士紹介エージェント